アルコールを外で飲むときは、ビールは少なめにします。普通のビールは糖質、カロリーなどが高くなっています。

アルコールにおいてビールは少なめにする

アルコールにおいてビールは少なめにする 夏であればビアガーデンでまずビールを注文します。乾杯と同時にどんどんジョッキが空になりすぐに2杯目を注文します。そして3杯目などと続いていくのです。ビールといえば夏の飲み物の印象がありますが、メーカーの努力により秋用のビール、昼用、春用などお酒好きが困らないようにしてくれています。ビアガーデンでなくても、居酒屋などには1年を通してビールが用意されています。自宅まで帰る途中に自動販売機で購入することもあります。

アルコールの中でも注意したいものがビールとされています。他のお酒に比べると糖分が多いためです。糖分はエネルギーですが、使わなければ脂肪として蓄えられる事になります。太る原因となります。特にお店においてはビールといえばビールになります。居酒屋などではビールを1杯だけなどにすると多少は太りにくくなるかもしれません。その他は日本酒であったり、ワインなどにします。ビール同様に糖質の多いものには注意します。

ビールと言っても自宅で飲むのであれば糖質オフ、カロリーオフなどを選ぶことによって糖質を減らすことができます。糖質を減らしていても味はそれほど変わりません。飲み過ぎはよくありませんが、自宅では利用できます。

Copyright (C)2014アルコールにおいてビールは少なめにする.All rights reserved.